ホームの利用料

有料老人ホームを利用する場合は、「お金」に関してもしっかり押さえておくことが大切です。

 

居室に要する一時金

 

居室に要する一時金とは、「家賃」に相当するものです。

 

チェックしておきたい点は「初期償却率」と「償却年月数」です。
この「初期償却率」と「償却年月数」を知ることによって
解約した場合、どのくらいの金額が返却されるのかが異なってきます。

 

償却期間が過ぎれば、返還されるお金は無くなってしまいます。

 

初期償却というのは、「頭取り」のことで、
「○○パーセント」とあったり「定額○○万円」となっていたりします。
この初期償却は、支払っても返還されません。

 

「初期償却率」の判断ラインは、10〜30%程度、
「償却期間」は、介護付の老人ホームであれば、
5年以上を目安に判断ラインとしてください。

 

保全措置

 

保全措置とは、倒産した場合の前払い金の保全措置があるかどうかを示したものです。

 

近年、有料老人ホームの施設数は増えつつありますが、
さまざまな問題によって、倒産に追い込まれる施設も少なくありません。

 

ですから、保全措置についてもしっかりチェックしておきましょう。

 

平成18年4月以降からは、開設されるホームに対して
「上限500万円の保全措置」が義務付けられていますし、
全国有料老人ホーム協会の入居者基金に加入している場合は、
「一律500万円」が保全されることになっています。

 

クーリング・オフ

 

入居する前に、いろいろな視点から問題がないかどうかをチェックし、
しっかりホームについての情報を得て、
納得していたはずであっても、
やはり入居してから、退去したい・・・となってしまうこともあります。

 

そのような時のことも考え、クーリング・オフについて
重要事項説明書に記載があるかを確認しておきましょう。

 

クーリング・オフとは、
「契約締結日から90日以内の契約解除による返還金」
のことです。

 

契約から90日以内に退去する場合は、
退去するまでの家賃や食費を支払う必要はありますが、
入居金は頭取りしないというのがクーリング・オフ制度です。

 

いうまでもありませんが、このクーリング・オフについての記載がないホームに関しては、
入居の検討をしなおしたほうが良いでしょう。

 

有料老人ホームでは、入居にかかる金額が多いです。

 

重要事項説明書に関しては、小さな文字も多く、
難しい言葉で書いてあるので、読みにくかったり、
読むのが面倒だったりしますが、しっかりと確認し、
不明な点があったり不安な点があれば、
あらかじめ問い合わせをするなどして、解決し、納得しておきましょう。