ほかの入居者の状況

入居者の状況の欄で分かるのは「入居者の要介護度」、
「年齢」、「男女比」です。

 

これから入居する人の状態よりも、
重度の要介護者が多いというような場合や、
年齢に差がありすぎるというような場合は、
検討しなおす必要があるのではないでしょうか。

 

なぜなら、本人とかけ離れた状態の人が多ければ、
ホームに入居しても友達ができにくく、
楽しく過ごすことができるとは言いがたいです。

 

たとえば、車いすを利用している人や、
介護度が高い入居者ばかりで、
自分がその施設に入居していることを場違いだと感じてしまい、
ホームでの生活が辛いものになってしまうというのは
悲しいことです。

 

ただし、本人の要介護度が4以上の場合は、
介護をしてもらうだけで精一杯の状態ですから、
入居者との差があっても大丈夫だと思います。

 

判断基準としては、
本人の要介護度と2レベル以上離れている場合は
検討しなおしたほうがよいという感じです。

 

入居率

 

開設してあまり時間が経っていないホームであれば別ですが、
2年以上経っても入居者が少ないのは、
何か問題があるかもしれません。

 

入居者が少ないということは、経営も危うくなっていると考えられますから
避けたほうがよいでしょう。

 

入居率の判断ラインとしては、入居率「8割以上」です。

 

退去率や退去理由

 

入居したのに、退去したという人が多い場合も心配です。

 

「前年度退去した人の人数と理由」という欄を見ると
退去率や退去理由を知ることができます。

 

退去先が「自宅・その他」となっていることが多い場合は、
「退去せざるを得ない何らかの理由があった」と考えるべきで、
ホームの運営に問題があると考えられます。

 

退去先が、自宅やその他の人が入居者の1割もいるというような場合は、
その施設への入居を検討しなおしてください。

居室の状況

居室の広さも重要です。

 

一人部屋で15u前後あれば十分です。
15uでは狭いと思いがちですが、
要介護の人を対象としたホームの場合は、
居室での介護が行われます。

 

自立型のホームの場合は、30〜80uの居室の広さがあることが多いですが、
要介護者を対象としたホームでは、15uくらいで適切だといわれています。

 

国の指導指針でも13uあれば、良いとされています。