従業員に関する事項

重要事項説明書の「従業員に関する事項」の欄で、
どのような資格を持った介護職員や看護職員が、
何人働いているのかを知ることができます。

 

夜勤の看護・介護職員の人数

 

夜勤の看護・介護職員の人数は、
入居者30人に対して1人が合格ラインですが、
1人しかいない場合は「介護職員のみ」と考えるとよいと思います。

 

できれば、入居者20人に対して1人であれば、
安心できる職員体制だと思います。

 

人数が手薄な場合、「夜勤の人の対応があまりよくない」
という入居体験者の声も少なくありません。

 

ですから、まずは、夜勤の職員体制を確認してみて、
判断基準のひとつとしてみてはいかがでしょうか。

 

前年度一年間の退職者数

 

介護職、看護職は、人手不足です。
ニュースやワイドショーなどでも、
介護や看護に関わる人の不足が話題になっています。

 

人手不足でもあることから、過剰労働を強いられ、
次々と人が辞めているホームも少なくありません。

 

職員の退職者が多いホームよりも、
少ないホームのほうが安心ですよね。

 

そこで、重要事項説明書の「前年度一年間の退職者数」の欄を
チェックしてみてください。

 

前年度一年間の退職者が多いホームは、
職員の入れ替わりが激しいことを意味しています。

 

採用者数が多く、人数的には十分であっても、
職員の入れ替わりが激しいというのは、
ホームの経営体制や勤務体制に何らかの問題があると考えるべきです。

 

介護職員の半数以上が、前年度一年以内に退職している
というようなホームは、避けたほうが無難です。

 

また、介護職員の経験年数等も分かるように、
重要事項説明書に記載があります。

 

ベテランの職員と、経験が浅い人との比率も
チェックしておくとよいですね。