職員体制

介護が必要な人は、特に職員体制の記載欄はしっかり確認したほうが良いでしょう。

 

特定の施設の指定を受けているホーム(類型/介護付き)では、
要介護者3人に対して、介護・看護職員が最低1人が必要ということになっています。

 

しかし、最低基準の要介護者3:介護・看護職員1という最低基準の職員体制では、
充実したサービスはとても難しいです。

 

ですから、ほとんどのホームではそれ以上の職員体制を取っているようです。

 

要介護者2人に対して介護・看護職員が1人であれば合格ラインといわれています。

 

要介護者1.5人に対して介護・看護職員が1人であれば、
とても手厚いサービス体制であるホームであるといえるでしょう。

 

ただし、高水準になると、費用も高くなる傾向があります。