施設概要

次に、施設の概要についてチェックし、
どのような施設なのかを調べましょう。

 

施設概要は、「介護サービス」について重点的にチェックします。

 

施設概要では、

 

・介護サービスが受けられるかどうか。

 

・入居者が介護を必要としているか、
自分で生活ができるか。

 

という2点が、判断するポイントとになります。

 

 

まずは「類型」を確認してください。
この「類型」で、介護サービスを受けることができるかどうかを
確認することができます。

類型とは

類型とは、有料老人ホームの種類のことです。

 

介護サービスの提供体制により、
「健康型」、「住宅型」、「介護付き(一般型)」、
「介護付き(外部サービス利用型)」という4種類に分けられています。

 

ホーム内で介護保険を使い、
介護サービスを受けたいと思っているのであれば、
「類型」を忘れないように確認してください。

 

たとえば、「介護付き有料老人ホーム」と記載があれば、
介護保険を使って介護サービスを受けることができます。

 

さらに、「入居の要件」についても確認します。

 

「入居時要支援・要介護」と記載がある場合は、
自立できる人(介護がいらない人)は、入居することができません。

 

「入居時自立」と記載がある場合は、
要支援・要介護の人は入居することができません。

 

 

介護が必要な人は、類型もとても重要なポイントになってきます。

 

また、介護が必要な人が入ることができるホーム、
介護がいらない人は入ることができないホームなど様々ですから、
類型についてチェックしましょう。