新規参入の有料老人ホームと老舗はどちらが良い?

入居する有料老人ホームを選ぶとき、
そのホームが以前から介護事業を営んでいた老舗なのか、
新規に参入した企業なのか、
どちらが良いのでしょうか。

 

近年は、さまざまな業種から介護事業に参入する企業が増えています。

 

しかし、大切なのは、企業の業種ではなく、
ホーム運営に取り組む姿勢です。

 

たとえば、建築系の企業が介護事業に参入するとして、
「建物の建築技術を活かし、介護事業で設けよう!」という場合と、
「バリアフリー建築の技術を活かし、
介護しやすい、されやすいホーム運営を目指そう!」
という場合では全く異なります。

 

また、新規参入の企業の場合は、
介護ということに関する経験の浅さはとても不安な要素になります。

 

ですが、担当部署に介護業界から経験者を招いたり、
現場のスタッフに経験豊富な人を配置するなどして、
入居者に安心して介護を受けられられるように工夫している
ホームもたくさんあります。

 

つまり、新規参入の業者であっても、
取り組む姿勢や取り組み方によって、
経験が浅いという点はカバーできます。

 

また、新規参入事業者が運営しているホームは、
入居費用が安い傾向にあるといわれています。

 

老舗の有料老人ホームは、
やはり今まで積み上げてきた経験やノウハウがあるので
そういった点で安心!というイメージがあります。

 

しかし、新しいニーズを捉えきれず、
昔からのやり方に胡坐をかいてしまっていると感じられる
老舗のホームもあります。

 

たとえば、近年は、プライベートを重視する方向性があり、
新しく設置するホームの場合は「個室」にするように
国が指導しています。

 

ですから、新しい施設では、個室が当たり前なのですが、
老舗の施設では、いまだに2〜4部屋のところがあるほどです。
このように、新しいニーズを捉えきれていないホームも、
老舗の有料老人ホームでは時々見かけます。

 

料金体系でも、老舗の有料老人ホームでは高めに設定されていることが多いです。

 

以前は、有料老人ホームというと、
資産に余裕のある人のためのものでした。

 

ですから、ゴージャスさが売りのホームで、
土地も建物も自社で所有し、
入居一時金も高額なところが多かったのです。

 

その時代の名残で、老舗の有料老人ホームでは、
費用が高めな事があります。

 

しかし、現在は、土地や建物を賃貸としたり、
社員寮等をリフォームして使い、
建物の取得にかかる金額を抑え、
その分、入居の際の一時費用が安く抑えられています。

 

このような事情があるので、
新規参入、老舗に限らず、ホームの特徴について
不明な点は質問してみてください。

 

ニーズとかけ離れているのであれば、
入居は検討しなおしたほうがよさそうです。