有料老人ホームの系列は気にすべき?

介護保険制度が導入されてから、
さまざまな業種から、
介護業界への参入が見られるようになっています。

 

有料老人ホームの運営会社もさまざまです。

 

たとえば、生保系、病院系、ワタミなどの飲食系、
ベネッセ等に教育系、セコムなどのセキュリティ系、
金融系や建築系、不動産系、宗教系などがあります。

 

親会社をたどれば、元となっている企業を知ることができ、
その親会社を知ることによって安心できる有料老人ホームもあります。

 

しかし、親会社までたどったところで、
系統が全く分からない運営主体である場合があります。

 

とはいっても、親会社や運営会社が、
どのような業種か、どのような会社かということで、
安心できるかそうでないかということではありません。

 

たとえば、建築や不動産系の有料老人ホームであれば、
建物はしっかりしているはずだ、
飲食系の有料老人ホームであれば、
きっとおいしくて栄養のある食事が食べられるだろう、
セキュリティ系の有料老人ホームであれば、
安全面がしっかりしていて安心して暮らすことができるに違いない!
など、一般的な想像をすることはできます。

 

しかし、たとえば、飲食系の有料老人ホームではないホームが、
食事にこだわっておらず、
おいしいく栄養のあるものを提供していないということはありません。

 

また、おなじ系列の有料老人ホームであっても、
施設長やスタッフによってもサービスの質は変わってきます。

 

有料老人ホームへの入居を考えるとき、
系列の企業は気になるものですが、
単に有名であれば良い、○○系列であれば安心!
とは、一概にいうことはできません。